スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめまして

はじめまして。 
山本 生一郎という者です。
今月から猫を飼う事になりまして、飼育日記や店舗の宣伝を兼ねて
ブログを始めてみました。よろしくお願いします。
もも1
今月から家の招き猫になる予定のモモです。
と言ってもまだ懐いておらず、物陰に隠れて出てこないので書くことがありません。(笑)
ですので猫を飼うに至った経緯を最初の記事にしようと思います。

今年の夏、ベランダでタバコを吸っていると真下にある室外機の上に野良猫がいるのを見つけました。
「最近、見かけなくなったけど野良猫ってまだいるんだなぁ」
と思い気にかけて見ていると決まった時間に
必ずいることに気が付きました。
どこから来るのか気になって近所の裏路地を歩いてみたら家と家の隙間に子猫がぽつんと佇んでいました。
なんとなく小声で「にゃあ」と言ってみたら
隙間の奥からワラワラと・・・
計四匹の子猫が出てきて近づいてきました!
「なんだよ、メチャクチャいるじゃねーか!」
「やけに人間慣れしてんな」と驚きました。(笑)
それから定期的に裏路地に様子を見に行くようになり、夜の11時~1時ぐらいに行くと必ず何匹かいます。
酒の買出しのついでに寄ったとき酔った勢いでつまみのちくわを
一本やってみたら勢いよくフガフガと食べました。
「これ一匹連れて帰れるんじゃないかなぁ」
なんて思いがよぎります。そしてビールを飲んでいる時あるアイデアを思いつきました。
「招き猫の変わりに一匹、店舗で飼うってのはどうだろう。」
私は都内で文房具店兼、宝くじ販売店を営んでいまして
招き猫も置いてあったのですが3.11の震災の時、壊れてしまい
そのままにしていたんです。
「招き猫兼、看板猫が店にいたら店内の雰囲気明るくなるんじゃないだろうか、それよりなにより店番している俺がきっと楽しいぞ!」
と、なんだか盛り上がってきましたw

長くなったので次回に続きます。それでは!




                           






スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメント

Secret

はじめまして。
もともとイキグサレの曲を数曲味わって聴いていた者ですが、(特に「あの手を握って」が好きです)生一郎さんってどんな方なんだろうといつも思っていました。
これからしっかり読んで、謎を解き明かしていきたいと思います!
プロフィール

山本 生一郎

Author:山本 生一郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。