スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫飼い始めました

どうもです!
今でもおもちゃで遊ぶのは日課です。
もも4
続きです。
譲ってもらえない可能性が出てきたので調べたところ、
保護猫の里親になるのはかなり審査が厳しいみたいです。
一人暮らしは駄目、小さい子供がいると駄目、
中には年収をチェックしたり
定期的に猫の様子を見にきたりするところも。
再び捨てられたり虐待を防止するためだとは思いますが
私が子供の頃とずいぶん事情が変わっていて驚きを隠せませんw
そのことを家族に伝えたら
「いっそペットショップで買ったらどう?」
なんて言われましたがどうもその気にはなれません。
看板猫ならばペットショップの人間になれた猫のほうが
即戦力になると思いますが
私がほしいのは招き猫。
なんか野良を飼ったほうが御利益がありそうな気がします。
それにもうキジトラに愛着が湧いてしまいましたw
譲り受けることが出来なかったら猫を飼う計画を中止するつもりでした。

野良たちと遊ぶようになって二ヶ月、いつもの時間に行っても
野良たちに会えない日が二日続きました。
今までにも会えない日はあったので
「多分寝ているんだろ」
と気にしていなかったのですが・・・
次の日、店番をしていると保護を担当している方がお店に来まして
「保護しました。飼う用意はできていますか?」
と・・・
え~~!くれなさそうな流れだったじゃんかよ!
と一瞬思いましたがすぐに気持が高揚してきました!!
しかし、もらえない可能性が高いと思っていたので
なにも準備していません。
一日待ってもらいとりあえず
キャットフードと餌皿、猫トイレを買ってきました。
そして四歳の息子に名付け親になってもらおうと最初から決めていましたので
「明日、俺の友達の猫が来るんだけどなんて名前にしようか?」
と聞いたところ即答で
「モモタロウ」
なんでモモタロウなのかサッパリ分かりませんがいい名前です!

翌日の11月3日文化の日(私はゴジラの誕生日だと言うほうが重要なのですがw)
ついに我が家にキジトラがやってきました!
3日ぶりにあうキジトラは保護担当の方が持ってきた捕獲器にはいったままじっとしています。
最初は猫飼う事に反対していた両親も興味深げに見ています。
息子はもう興奮していますw(妻と一才の娘は買い物に出かけて不在でした)
寝床にする予定だった倉庫の前で捕獲器の扉を開けると
ぴゅーっと一番奥の荷物の隙間に入っていってしまいました。
しばらく新しい環境に慣れるまで放置する事にします。
保護担当の方が
「名前は決めたんですか?」
と言うと息子が
「モモタロウ!」
と元気に答えます。
「モモタロウですかwこの子女の子なんですけどねw」
といって自転車で帰っていきました。
その夜、布団の中で息子が言ってきました。
「女の子でモモタロウはおかしい。」
「へえ、じゃあどうすんの?」
「モモエにする」
四歳児のボキャボラリー、なんだかわかりませんが
いい名前だと思います。













スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメント

Secret

プロフィール

山本 生一郎

Author:山本 生一郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。